ぶっちゃけ、サロン脱毛と医療脱毛ならどっちがいいの?

夏が近づくと電車やチラシの広告でハッとする、ムダ毛処理は悩ましい問題ですよね。

やっかいなムダ毛でも自分で剃ったり抜いたりすれば肌を傷めますし、医療レーザーか脱毛サロンでツルツルにしたいところです。

そこで、医療レーザー脱毛と脱毛サロン、どう違ってどうっちが良いのか、決着をつけたいと思います。

医療レーザー脱毛は高いけど早く終わる

まず、医療レーザー脱毛はクリニック、つまり病院で脱毛してもらう方法を指します。永久脱毛、医療脱毛とも言いますね。

ドクターやナースが操作するレーザー脱毛器で、毛根を焼き切る脱毛法です。

美容目的の処置なので健康保険はききませんので、値段は脱毛サロンよりグンと高くなります。

高出力のレーザーを当てるため、麻酔する人もいるほど痛いのもネックです。

ただ、脱毛サロンが12〜18回通わないとムダ毛が復活しがちなのに対して、医療レーザーなら5〜8回で同じくらいの結果が期待できるメリットがあります。

高額で痛いけど脱毛力が高いから早く終わる、それが医療レーザー脱毛なんですね。

まったりリーズナブルで通いやすい脱毛サロン

一方脱毛サロンは、ワキ脱毛だけなら数百円で通える店もあるほどリーズナブルです。

脱毛する時も、最近流行の蓄熱式脱毛機なら痛みがほとんどなく、脱毛中に眠ってしまう人も多いんですね。

ただし、脱毛の威力はあまり高くないので、12〜18回、期間にして3年くらいは脱毛に通わないとムダ毛が復活してきてしまいます。

医療脱毛も脱毛サロンも一長一短なんですね。

学生さんや10代20代前半なら脱毛サロンがおすすめ

医療レーザー脱毛か脱毛サロンか、このままでは決められませんよね。

そこで、どちらにするか決めるポイントを説明したいと思います。

もし10代か20代前半の学生さんなら、断然脱毛サロンがおすすめです。

アルバイト代でも十分費用が払えますし、一生脱毛し放題契約を若いうちに契約しておけば、ムダ毛を剃る感覚でバンバン追加料金ゼロで脱毛サロンに通えます。

日中の時間限定で全身脱毛が1,000円を切るお店もあったり、学割が使える場合もあるんです。

つまり、脱毛サロンは学生さんの味方なんですね。

お金はあるけど時間が無い大人の女性は医療脱毛

対して、貯金はあるけど時間がない大人の女性には医療脱毛がおすすめです。

高い出力のレーザー脱毛機で5回も処理すればほぼ脱毛が終わるので、通う時間的な負担が少ないんですね。

ただ、費用は全身脱毛で20〜40万ほどかかるので、貯金を使うかローンを組むか、支払いの方法を考えておきましょう。

そして、医療レーザー脱毛は痛いのも特徴なので、笑気麻酔を使ったり、特に痛いワキやデリケートゾーンだけでも脱毛サロンで処理するのもひとつの方法です。

自分のライフスタイルに合わせて決めよう

若い学生さんは脱毛サロン、リッチな大人の女性は医療脱毛と分けましたが、ライフスタイルや住んでいる地域によってもおすすめは違ってきます。

首都圏なら医療レーザー脱毛をリーズナブルに行っている美容クリニックが多いですが、地方だと料金が高かったり、そもそも脱毛してくれるクリニックが近所に無かったりします。

美容クリニックが無い地方にも脱毛サロンはあるので、こまめに通える範囲にお店があるなら、そちらを選ぶのもひとつですね。

まとめると、お金、時間、通える範囲にどんなクリニックやサロンがあるのか、この3つを考えて選べば失敗しませんよ。